ニキビや肌荒れは日頃のスキンケアが大事です

ニキビ対策は洗顔や保湿などをしっかい行うことが大切です。

ニキビや肌荒れは日頃のスキンケアが大事です > ニキビ対策は洗顔や保湿など毎日のスキンケアが大事

ニキビ対策は洗顔や保湿などをしっかい行うことが大切です。

ニキビが治る洗顔の仕方

ニキビが出来ているのを鏡などで見つけたときのショックってすごく大きいですよね。
特に、大人になってから出来る大人ニキビってヤツは、大事に日に限って出来たりするから厄介です。

高校のときとかニキビが出来やすい方だったから、毎日気をつけていたつもりだったけど、気がつけばまたニキビが・・・。

そんな大人ニキビですが、治すには洗顔が重要なんだそうです。

洗顔は、スキンケアの基本って言いますが、洗顔の仕方だけでニキビがケアできたり、予防できるなら助かりますよね。
ただ、洗顔方法が間違っているとにきびができやすくなるので要注意。

にきびが治ると言われる洗顔方法としては、

・洗顔回数は1日2回を守って洗いすぎない!
・手を清潔にしておく
・毛穴を開いて毛穴の汚れを取りやすくする
・洗顔料をよく泡立てる
・ゴシゴシ強く洗わない
・すすぎを念入りに行う

というものになります。

洗顔は、洗顔料を使って行う方がほとんどだと思いますが、1日に何度も洗うと、顔の皮脂が奪われてしまって、肌が乾燥するので、余計にニキビが出来やすくなってしまうんです。
また、回数は1日1,2回でも洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていると必要以上の皮脂も洗い流されてしまって、お肌が乾燥するので、洗顔料選びも大切です。

2番目の手を清潔にするということですが、これって、けっこう気にしない人が多いみたいですが、けっこう手って汚れて雑菌がたくさんついているんですよね。
にきびが出来やすいデリケートなお肌というのは、そういう雑菌などから炎症を起こしたりすることもあるので、まずは手を洗って清潔な状態にしてから洗顔するようにしたいですね。

毛穴を開くというのは、普段からやっている方も多いかもしれません。毛穴の奥に汚れや化粧品などが入りこんで、そのままにしておくと、毛穴を塞ぐことになって、そこからにきびのアクネ菌が増殖することになってしまいます。

ですから、洗顔する前には蒸しタオルなどで毛穴を開くなどして毛穴汚れもしっかり洗顔しましょう!


顔を洗うとき、自分では知らず知らずの内に、力が入ってゴシゴシと強い力が入って洗ってしまうことがあります。
あれもお肌にとってはとっても負担になるんです。

お肌に摩擦がかかって、炎症をひき起こる原因にもなるので、洗顔料の泡で優しく洗うようにすると、にきびを刺激せずニキビを治すのに効果的なんだそうです。

あと、追加ですが、洗顔後も大事なことがあります。
洗顔後、普通にタオルで水分をぬぐうと思うのですが、このとき気をつけたいのが、まずは清潔なタオルを使うということ。
せっかくキレイになった顔をまた雑菌がたくさんついているタオルで拭いていたら、意味がないですからね。

そして、水気を取るときに、タオルでゴシゴシ顔を拭かないこと!
タオルは、お肌に優しく押し当てるようにして、水気を吸い取っていきます。
タオルとお肌の摩擦でお肌に負担をかけないように、洗顔後も注意が必要なんですね。